top.jpg top.jpg

センターの紹介

巨大分子解析研究センターについて

詳しく見る

【お知らせ】ケンブリッジ結晶構造データベース(Cambridge Structural Database:CSD)の利用申請について

巨大分子解析研究センターでは、単結晶構造解析結果を検索できるケンブリッジ結晶構造データベース(CSD)の学内ライセンスを管理しています。

同データベースの利用をご希望の方は、巨大分子解析研究センターの問い合わせ掲示板(URL)を通じてご連絡ください。

皆様の積極的なご利用をお待ちしております。

令和6年能登半島地震被災地域の大学等の研究機関への支援について

2024年1月9日

令和6年1月1日に発生しました能登半島地震において被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

巨大分子解析研究センターは、このたびの災害により被災された地域の国立大学等を対象に、以下の支援措置を実施します。

【支援内容および期間】
・内容:巨大分子解析研究センターのすべての装置による依頼測定
・料金:無償
・期間:2024年2月末まで(主に学位研究に必要なデータを測定)

【支援対象範囲】
災害救助法適用地域の国立大学等

【申し込み方法】
巨大分子解析研究センターHPの”お問い合わせ(https://kiki.chem.tohoku.ac.jp/contact)”で測定可否を確認後にサンプル情報を記入した測定申込書(財源欄の記入は不要)とサンプルを以下の住所に郵送する。注1,2)

〒980-8578
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3

東北大学大学院理学研究科附属巨大分子解析研究センター
解析研究部門 宛

注1)サンプルの提出および返却にかかる送料は利用者負担です。

注2)郵便でサンプルの返送をご希望の場合は、切手も貼った返信用封筒に返信先の宛名を記入し、同封してください。

東北大学若手研究者に係る共用設備利用支援制度のご案内

2020年8月20日

標記制度により、対象となる若手研究者の研究費につきましては、測定料の半額が免除されます。
制度の適用を希望する場合は、こちらや実施要領をご確認の上、下記様式にて申請してください。

東北大学若手研究者に係る共用設備利用支援制度実施要領
申請書様式(.xlsx)
申請書様式(.pdf)
申請書記入例

なお、理学研究科所管の財源(所管コードの上2桁が05のもの)につきましては、現状センター内規により半額免除としておりますが、本支援制度との重複は致しません。(対象者は本支援制度により半額免除となり、1/4にはなりません)

理学部・理学研究科以外の所属の皆様へ

理学部・理学研究科以外(学内の他部局および学外)の所属の方は以下の部門に測定依頼する場合、テクニカルサポートセンター(TSC)への利用申請が必要です。申請手順についてはテクニカルサポートセンターのホームページをご覧ください。
TSC-設備・機器利用システム
【対象部門】核磁気共鳴(700MHz)、質量分析、X線構造解析、ハロゲン・硫黄分析

2023年5月より、申請不要となりました。